ピストバイク初心者がLEADER BIKE/リーダーバイク を買った話。

ピストバイク

こんにちはkokko(@kokkoblog)です。

 

なんと、

 

遂に、、、

 

LEADER BIKE/リーダーバイクを購入しました!!

 

前々からピストバイクが欲しくて、しかも買うならリーダーバイクと心に決めてました。

 

LEADER BIKE/リーダーバイクというピストバイクがすごいカッコイイ件

 

しかし、関東県内ですと取り扱いのお店が・・・

 

BROTURES

 

DINER

 

この2店舗だけ。

原宿か西麻布かどっちか。

オシャレ過ぎて敷居高え。

 

 

行きたくねえ。笑

 

 

若い頃は毎日渋谷とか原宿やら行ってましたけど。(大学や仕事の関係で。)

もう30代になってから千葉県から電車乗り継いで都心に行くのは緊張するんですよね。笑

 

しかし、初めて買うピストバイクを現物見ないでネットで買うのもちょっと勇気が入りますよね。

ネットで買ってミスったら嫌だし・・・。

 

よし!

原宿に行こう!!

 

と、電車を乗り継いでBROTURES原宿店まで行きました!

 

 

BROTURES原宿店に行ってきた

いやー、久々の原宿。

お店が結構変わっててびっくりしました。

 

へーあの店なくなってこのブランドが出来たのかー的な。

 

そうこうしているうちにお店に到着。

外観の写真撮るの緊張して忘れてました。笑

 

 

入り口にいきなり試乗用のリーダーバイク735が!

かっこいい!!

これが本物のリーダーバイク か・・・。

 

 

壁には735と725のフレームが飾ってますね。

こうやってフレームだけ見比べると結構違う。

では店内へGO!

 

 

入り口左手

上位モデルの735ですね。

いやー、かっこいい。

でもお値段もリーダーバイクの中で一番高い。

※店員さんに撮影の許可を頂いてスマホで撮影しました

 

 

入り口右手

エントリーモデルの721もかっこいいですね。

お値段は一番安くて10万円ですね。

それでもたけーわ。笑

 

 

奥にも721の完成車が。

今回のお目当は721です。

10万円なり。

 

リーダーバイク の種類って?

全部で4種類あります。

721:10万

リーダーバイクの入門モデル

かっこいいですが、値段は一番安く、725より全体の造りやパーツが劣る。

 

CURE(キュア):10万

前下がりのフレーム。

リーダーバイクの創始者が癌になったことをきっかけに作られたモデル。

売り上げの一部が寄付される。

 

725:15万

スタンダードモデル

リーダーバイク といえばこちら。

 

735:18.5万

上位モデル。

デザインもさることながら、パーツも一級品。

簡単に4つ特徴をまとめるこんな感じですね。

 

お値段的には10万で一番安いので721にしようと思ってましたが、店員さんに相談すると725か735がいいとのこと。

そりゃあそうなんだが、金額も金額だしなあ。

 

奥さんに電話で相談。

 

「値段で選んだら絶対後からもっと最上位モデルにすれば良かったと言い出しそうだから、一番気にいる最上位モデルにした方がいいんじゃない?」

というお言葉。

 

確かにそうだなあ。

 

店員さんに相談したらみんな735がお勧めだという。

店員さんの通勤用マイリーダーバイク も見せてもらう。

その後も735ががいかに素晴らしいかを力説される。

 

 

 

結局735を買いました。笑

 

 

 

リーダーバイク735を購入した

結局最上位モデルの735を購入してしまいました。笑

一生乗りますので、まあよしとしましょう。

 

あとは価格の問題です。

 

購入したのが

リーダーバイク 735 Mサイズ ブラック 完成車 185000円

ライト(前後2個)+空気入れ+輪行袋(ピスト持ち運ぶ袋)+レンチ(タイヤつけたり外したり用)

 

諸々で、

 

 

_人人人人人人人人_
> 合計223992円 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

 

 

高え。。。

 

 

しかし、購入した物は全て必要な物ばかりです。

 

 

ライト

前のライト

後ろのライトは赤色です。

 

空気入れ

普通のママチャリの空気入れとは違うみたいです。

まだ使ってないからわかりませんが。

無駄にオシャレ。

持ち手が木目。

 

 

輪行袋

自転車を持ち運ぶ袋です。

 

レンチ

おっしゃれー!!

これでタイヤを取り外します。

 

 

ピストバイクを持ち帰ろう

念願のピストバイクを買って舞い上がってますが、時間はすでに20時。

原宿から千葉に持ち帰ると21時にはなるでしょう。

それでも早く持ち帰って地元で乗りたい!!

 

店員さん曰く「前輪をレンチで外せば簡単にバッグに入れて持ち帰れますよ。」

僕「なるほど。」

 

 

さてと。

 

 

駅周辺まで来ましたが人目が気になるので、物陰に隠れてピストバイクのオペを始めましょう。

 

 

前輪を外しましょう。

 

 

うむ。

簡単に外せました。

では輸送用バッグに入れましょう。

 

 

あれ?

サドルが邪魔で入らない。

しかも外す工具ないし・・・。

 

 

手も切れて血出てきたし・・・。

 

もう持って帰れない。

 

捨てて帰ろう。

 

・・・。

 

なんてことは出来ないので、気合いで持ち帰る!!

 

 

ちょこんと頭だけ出とる・・・。

 

サドルだけ頭出してるけど、なんとか無理矢理袋に詰め込みました。

 

 

こんな邪魔な感じですが、電車の皆さんすいません。

 

こうやってなんとか地元まで持ち帰りました。

 

すごい疲れた。

 

泣きそう。

 

 

まとめ

今回なんとか死ぬ思いで持ち帰りましたが、遂にリーダーバイクを買えたので嬉しさの方が上回ってます。笑

購入する歳の注意点を3つお伝えします。

 

①在庫の有無

リーダーバイクはあまりの人気で、在庫が品薄になってます。

在庫のまとまった入荷は2週間後とのことでしたが、今回は丁度欲しいモデルとサイズとカラーが1台だけ店頭にあったので購入できました。

お店に行ってもすぐには手に入らないかもしれません。

お店でモデルとサイズを特定して、ネットで買うのもいいかもしれません。

但し必ずお店で試乗したり、店員さんに相談してからネットで買いましょう。

高い買い物ですので、ミスしないように気をつけて下さい。

 

②発送しよう

原宿や西麻布に住んでて、乗って帰れる人はいいですが、そうでなければ発送しましょう。

どうしても当日使う必要がある人以外は送った方がいいです。

結構持ち帰るのしんどいです。

僕がそうでした。

 

③必要な物を揃えよう

必ず必要な物を揃えましょう。

店員さんが教えてくれなかったので、サドルもペダルも外せずに持ち帰ったので非常に辛かったです・・・。

色々な工具が一式揃ってるマルチツールを一個買っときましょう。

 

以上の3つを気をつけてピストバイク初心者の皆さんも是非リーダーバイクを買って見ましょう!

これからたくさん乗ってリーダーバイクについてのブログもいっぱい更新したいと思います。

カスタムもしたいなー。

楽しみだなー。

ではまた!